住宅ローン、離婚でお困りの方

  • ホーム
  • 住宅ローン、離婚でお困りの方

住宅ローンでお困りの方へ

住宅ローンを滞納し続けると、
最終的には金融機関が設定した抵当権に従い、
自宅が差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。
こうした状況を回避するためには、
より早い段階で不動産買取などを活用するか、
任意売却による債務整理を行うかが重要です。
こちらでは、習志野市の住宅問題が
任意整理の基礎知識をご紹介します。

住宅ローンのお悩みはありませんか?

  • 住宅ローンの返済が難しく、滞納目前になっている
  • 住宅ローンを滞納してしまった
  • 金融機関から督促状が届いた
  • 債権回収会社から連絡を受けた
  • 金融機関による競売の申し立てが行われた
  • 執行官によって現地調査が行われた

住宅ローンの問題は任意売却で解決

住宅ローンの問題は任意売却で解決

住宅ローンの滞納を続けると、金融機関によって設定された抵当権に従い、競売にかけられてしまいます。この場合、売り主様の意思は認められず、裁判所主導による売却が進められてしまいます。

任意売却とは、こうした状況を避ける方法のひとつです。債権者との交渉により、抵当権を外した状態で不動産の売却が行えるため、競売よりも債権を大幅に減らせます。また、生活再建のための余裕も話し合い次第では残せる余地がある点も、大きなメリットです。

任意売却が可能な期間

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却が可能 ローン滞納前 住宅ローンの支払いが苦しくなってきたタイミング。早めの対策が必要です。
ローン滞納
3カ月以内
督促状や一括弁済通知が金融機関から届きます。放置を続けると、不動産が競売にかけられてしまいます。
ローン滞納
4カ月以内
競売開始通知が裁判所から届きます。ここから4〜5カ月ほどで、実際に競売が開始されてしまいます。
ローン滞納
5カ月以上
競売開始日目前です。裁判所から競売の執行官が自宅に訪れ、写真撮影をはじめとした調査が実施されます。また不動産関係者が訪問する場合もあります。
任意売却はできない 競売開始 競売が開始されます。期日には強制立ち退きが迫られ、任意売却も行えません。

住宅ローンにお悩みは住宅問題まで

住宅ローンにお悩みは住宅問題まで

住宅ローンの支払いが難しい場合は、前述した任意売却が最適です。しかし、ローン滞納の前であれば、状況にもよりますが不動産買取を用いた解決策も検討できます。大切なのは、期間に余裕がある段階で早めに不動産のプロフェッショナルへ相談をすることです。当社でも、住宅ローンでお困りの方からのご相談を承っております。取り返しがつかなくなる前に、ぜひ当社までお問い合わせください。

離婚でお困りの方へ

離婚でお困りの方へ

婚姻中に購入した家は夫婦の財産としてみなされます。そのため、離婚時には財産分与の対象として扱わなくてはなりません。しかし、不動産は物理的に分割できるものでもないので、どのように分けるかで揉めるケースも散見されます。

こうした際に活用したいのが不動産売却です。不動産を分割可能な現金にすることで、スムーズに財産分与が行えるようになります。なお、離婚前の財産分与は贈与に当たるため税金が発生します。そのため、財産分与を目的とした不動産売却は、離婚後に行うのが推奨されます。

また、不動産売却には住宅ローンが密接に関わってきます。残債の金額や不動産の価値と照らし合わせながら、適切な対応を選ばなくてはなりません。

住宅ローンを完済済みなら財産分与はスムーズ

住宅ローンを完済済みなら財産分与はスムーズ

すでに住宅ローンを完済しているのであれば、「不動産を売却したうえで売却益を二等分する」というシンプルな解説策がおすすめです。お急ぎの場合には不動産買取などを用いると、よりスムーズな分割ができるでしょう。なお、どちらかが住み続ける場合は、清算金の支払いなどが必要になります。

住宅ローンが残っている場合

住宅ローンが残っている場合

住宅ローンが残っている状態とは、金融機関によって抵当権が設定されている状態とも言い換えられます。この段階で勝手な不動産の売買は認められていません。そのため、まずは抵当権の抹消登記(住宅ローンの完済)が必要です。

ここでポイントになるのが、不動産の価値と残ローンの残額の差です。どちらの金額が上回るかによって、オーバーローンとアンダーローンという言葉が使われます。

オーバーローン 住宅ローンの残債 > 不動産の価値
不動産の売却価格が住宅ローンの残債を
下回っている状態
アンダーローン 住宅ローンの残債 < 不動産の価値
不動産の売却価格が住宅ローンの残債を
上回っている状態

オーバーローンとアンダーローンでは、対処の方法が異なります。住宅ローンの残債がある段階での売却では、この点に注意しましょう。

アンダーローンの場合

不動産の売却価格が住宅ローンの残債を上回っている状態を示すアンダーローンの場合は、比較的シンプルに問題への対処が行えます。不動産の売却代金で、まずは住宅ローンを完済します。残った売却益を二等分することで、財産分与は完了です。ただし、築年数が古い建物等は資産価値がほとんどありません。そのため、アンダーローンにならないケースも多いと考えておきましょう。

オーバーローンの場合

不動産の売却価格が住宅ローンの残債を上回っている状態を示すオーバーローンでは、財産分与自体が行われません。まずは住宅ローンの完済を目指すために、不動産の現在の価値を調べます。その上で、残債に届かないようであれば不足分を預貯金などで補填しなくてはなりません。

もしも預貯金に余裕がなく、売却によって住宅ローンの完済ができないのであれば、任意売却という方法を用います。いずれの場合も、売却代金はすべて住宅ローンの返済に充てられると覚えておきましょう。

離婚時の不動産売却相談なら
住宅問題まで

離婚時の不動産売却相談なら住宅問題まで

離婚を決断された際には、精神的な不安もあり、冷静に財産分与のことを考えられなくなって当然です。しかし、二人で協力して築いてきた資産を平等に分けることは、その後の豊かな人生を歩む上でも非常に重要です。当社では、お客様のお気持ちに寄り添いながら、適切なアドバイスを差し上げております。まずは一度、お気軽にお問い合わせください。